学生必見の節約術

【断言】大学生にテレビはいらない。代わりになるものも紹介。

大学生になって、1人暮らしをすることになったんだけどぶっちゃけテレビって必要ある?お金もかかるし、スペースも取るから置くか迷ってて、、、だけどやっぱりないと困ることもあるのかな?

このような疑問を解決していきます。

実際に1人暮らししている僕の友達の家にはテレビがありません。

彼曰く「テレビはあったら便利だけど、なくても全く困らない」とのこと。僕も全く同意見です。

この記事では

  • テレビは必要ないので迷ったなら買わないべき
  • テレビがないことのデメリットは1つだけ
  • テレビの代わりになるもの

上記を中心にお話ししていきます。

5分ほどで読み切れますのでお付き合いください。

テレビは必要ないので迷ったなら買わないべき

これが僕の意見です。迷ったら買わないべきです。

【極論】必要だと思ったら買えばいい

迷っているならとりあえず買わない、必要だと思ってから買うって感じでいいと思います。

おそらくこの記事をみている方の大半は「これから1人暮らしをするんだけどテレビを買ったほうがいいか迷っている」という方だと思います。

もし、そうならとりあえずテレビは買わずに1,2週間ほど暮らしてみれば、自分にテレビが必要かどうかわかりますよ。

それで必要だと思ったら買う、特別必要なければ買わない。それぐらいの気持ちでも何も問題はありません。

【体験談】テレビがなくても困らない

僕は基本的にほとんどテレビを見ません。

自分から積極的に見るとすれば野球観戦ぐらいです。

キツネちゃん
キツネちゃん
いや、やっぱり見るんじゃんか!

というツッコミもあるかもですが、それはテレビがあるから見ているだけでぶっちゃけテレビがなかったら見なくてokです。

前述したように僕にとってテレビとはあったら便利だがなくても困らないものです。

それは単純に代替できるものが多く存在するからかもしれませんが、とりあえずはテレビはなくても困らないと思います。

テレビがないと賢くなります。

多分ですが、テレビがないと賢くなります。

テレビがない生活だと必然的にボーっとテレビを見て過ごすという時間がなくなります。

例えば、ご飯を食べながらテレビを見ていたら、食べ終わってからもずっとテレビを見ていたなんて経験がありませんか?

当たり前ですが、テレビがないとそのようなことはおこりません。

つまり、ご飯を食べ終わってからの時間がまるまる空き時間になるわけです。

さすがに何もせずにぼーっと1点を見つめているということはしないと思うので、テレビの代わりになるものが必要になります。

おそらく、代わりにするものの第一位はスマホですね。

ですが何日もずっとスマホばかり触っていると、意外と読書であったり、宿題であったりと今までしなかったことをするようになります。

となれば、知識が増えて賢くなるって感じです。これは大きなメリットです。

テレビがないことでのたった1つのデメリット。

寂しくなることがある。

これがデメリットと感じない方はテレビは必要ないです。

無音は結構きついです。

当然ですが、テレビがないと無音の時間って長いです。

実際にテレビのない友達の家で泊まりをした時とかはシーンとしている時間が結構あります。

スマホで音楽やラジオを流していてもいいのですが、やはりテレビとスマホだと聞こえ方が違いますし、スマホの消耗も激しくなるのでその点テレビがないと少し不便かもです。

なので「静寂はマジ無理」「無音はキツイな」という方はテレビを購入した方がいいかもです。

ヘッドホンorスピーカーで解決っぽい

僕の友達の場合は、ヘッドホンをするかBluetoothのスピーカーでラジオや音楽を流すことでテレビに近い感覚を楽しんでいるようです 。

ヘッドホンをして音楽を聴くとハイパー自分の世界に入れるので僕も集中したい時とかはよく利用している方法です。

スピーカーは僕は試したことがありませんが、利用してみるといいかもです。

テレビが必要という人の主張

たまにこのような記事を書くと「ニュースとかの地震速報とかが見れないのは困りますよね。」というような声を頂きますが、ぶっちゃけスマホで十分すぎます。

情報量も圧倒的にネットで調べた方が多く手に入ります。

ただし、残念な事実として、テレビがないと興味のないニュースや流行りを知る機会が極端に減ってしまいます。

テレビだと、とりあえず付けっ放しにしておけば興味のないニュースや流行でも自然と知る機会を得ることができますが、スマホでは能動的に知識を得ようとする必要があります。

正直1日30分ぐらいスマホでニュースを読み漁っていれば、テレビを意味もなくつけている以上の情報量を得られます。

しかし、そのような習慣がないと全く現在の話題を知らない常識知らずな人が出来上がってしまう可能性があるので注意が必要です。

テレビの代わりになるもの

ありがたいことにテレビの代わりになるものは結構多く存在します。

  • Youtube
  • 有料動画配信サービス

とかが具体的な例ではないでしょうか。

テレビの代わりになるもの①:Youtube

王道中の王道のYoutubeです。

今では数億の動画コンテンツが配信されているので、Youtube1つあれば死ぬまで動画に困ることはないですね。

バラエティ系や学習教材系、自己啓発系まで幅広い分野の動画が転がっているのでどんな人でも興味のある動画は見つかるはずです。

テレビの代わりになるもの②:有料動画配信サービス

有名なものだと「U-NEXT」とかですね。

ドラマや映画見放題に加えて、電子書籍や漫画も見放題なのでテレビよりも汎用性は高いです。

ただ、これに加入してしまうと暇な時間はひたすらスマホで動画を視聴し続けるという怠惰への一歩になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

とりあえず、31日間無料なので一度利用してみて、いい感じだったらそのまま利用し続けるって感じでいいかと思います。

>>>U-NEXT公式サイト

結論:テレビが必要ないかは人による

すみません、、、最後は当たり前の結論に至ります。

【テレビが必要ない人】→割と無音でも苦じゃない人、テレビに必要性を感じない人、能動的にニュースや流行を取り入れられる人

【テレビが必要な人】→上記に当てはまらない人

って感じですね。

ぶっちゃけ、テレビなんてなくても困らないですが、おそらく大半の人が「さすがにテレビがないのは不安、、、」って感じだと思います。

なので、とりあえずテレビのない生活を体験してみて、必要だと思ったら購入するって感じがおすすめです。

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m